アラサーで地方のパパ活女子が年間1500万円以上稼いでる秘密

パパ活アプリ・サイト

こんにちは、ハナです。

ちょっとした縁で知り合ったパパ活女子の方が、なんと年間1500万円以上稼ぐ方だったので、詳しくやり方を聞いて来ました。

若くないと高額稼げないなんてイメージの強いパパ活ですが、彼女はなんと30代!

一体どんなパパ活をしてるのでしょうか・・?

 

地方アラサーパパ活女子のスペック

  • 年齢:30代
  • 住まい:関西
  • 活動量:昼
  • 容姿:細身美人

30代中盤、関東以外での活動、お子さんがいるので限られた時間内での活動時間、となるとあまり稼げる条件は揃っていないように見えますよね。

一般的に、20前半までで、東京に住んでて、夜も活動できる子たちがパパ活には向いてて稼げるってイメージだと思います。

しかし、彼女はこのような条件の中で、その辺のサラリーマンの平均年収の約3~4倍稼いでいるのです。

住まいや年齢、子持ちということを考慮すると、自分の方が良い条件揃ってるわ、って感じる部分もあるのではないでしょうか?

 

つまり、完璧な条件なんて揃ってなくても、パパ活で上手く稼ぐことなんて全然できますよってことなんですね。

では、そんな彼女の秘密を見ていきましょう。

 

アラサーパパ活女子が活動場所にしてるのはシュガーダディ

めちゃくそ稼ぐ彼女が使っているのは、交際クラブや出会い系サイトではなく、パパ活サイトである「シュガーダディ 」です。

ペイターズはアプリを使いこなせる若者が多いのに対し、シュガダはWEBなのでアプリを使いこなせない年配の男性が多く、お手当もケチらずスマートにくれる方が多いです。

 

アラサーパパ活女子が狙ってるのは地方パパ

彼女が成功している大きな要因がこの「地方のパパ」を重点的に狙っているところ。

関西在住なので、大阪のパパも数人いるとのことですが、それ以外に三重や岡山、鳥取、高知など、地方のパパへのアプローチを意識しています。

大阪や東京は、自分で成功して成金となった層が多いですが、地方というのは、継いだ土地のある地主さんや、二代目として会社を継いだ生まれながらにしてお金持ちの方が多いのです。

わたしも二代目の方とは多く交流がありますが、お会計の仕方やケチらないところなど、上品です。おぼっちゃまってこういうことなのか・・って何度も思わされました(笑)

そういった地元で名の知れている男性というのは、地元で変な噂が広まるのを嫌います。

なので、地元には関係のないちょっと離れた女性と関係を持ちたがる傾向があるそうです。

 

アラサーパパ活女子のお手当交渉術

彼女がパパと会う時は、からだの関係まで視野に入れてのことが多いようですが、自分から値段の希望は言わないと決めてるそうです。

仕草や言葉遣い、服装など自分磨きをしっかりして、会うパパを焦らずしっかり選べば、あちらから納得いくお手当を提示してもらえることがほとんどです。

こちらから提示してもOKしてくれる男性は多いでしょうが、長期パパとしてGETしたいなら、自分から値段を伝えるがめつさは見せない方が賢明です。

 

しかし、新幹線などの多めの交通費がかかるときには、交通費分は先払いで払ってくれるパパにした方が安全です。

 

そして、基本的には一回の金額は5~10万円が多く、そういったパパが10名以上いますが、最初はもっと細いパパもいて、徐々に質の良いパパへと入れ替えをしていって、今は質の良いパパばかりになったそうです。

 

まとめ

スーパー稼ぐアラサーパパ活女子の秘密を見てきましたが、どうでしたか?

やろと思えばすぐに真似できる秘密だったと思います。

アラサーの強みは気配りや落ち着きというところがあるので、高齢パパのウケも良いのでしょうね。

そういった自分が活かせるポイントを探して、どんなパパにウケるかな?ということを考えてみると、新しい活動方法が見つかるかもしれません(*´ω`*)

 

 

 

 


コメント