パパ候補と初顔合わせの待ち合わせ|手当なしにならないポイント

パパ活心理テクニック

ハナです。

パパ活始めて、ついに初めての待ち合わせ・・緊張しますよね~~!!

わたしも初めての待ち合わせでは、自分の心臓の鼓動が歩いててもわかるくらい緊張した記憶があります。

「騙されてたらどうしよう」「怖い人だったらどうしよう」「何話そう」「知り合いだったらどうしよう」「お手当本当にもらえるのかな」「あっちからお手当渡してくれなかったらいつ言えばいいんだろう」

色んなこと考えながら待ち合わせに向かったあの日・・( ゚Д゚)

本当に不安いっぱいの中、パパ活デビューしたので、今までのわたしの経験がパパ活女子さんのためになるかも、と思いながら書かせてもらいます。

 

初顔合わせのお手当は男性はどう捉えてる?

初顔合わせのお手当について、男性のスタンスはどうなのでしょうか?

100人が100人同じ考えなのはありえませんので、「渡して当然」と思ってる人もいれば「お手当なしでいいでしょ」という人もいます。

「写真通りのタイプの子で、会話も楽しかったらお手当出したいな」

「顔合わせでこっちも時間使うのに何で手当出さなきゃいけないの?」

「女性に足を運んでもらったら、足代くらい渡すのが礼儀」

「次も会いたいって思えるような子だったらよろしくって意味で渡したいな」

 

こんな感じみたいです。

「顔合わせでこっちも時間使うのに何で手当出さなきゃいけないの?」

このタイプの男性はメッセージのやり取り中も自分本位な言い草に違和感を覚えたりするので、「あれ?この人会いたくないな・・」って思ったら会わなくていいと思います。

顔合わせでお金を出さないことが問題というより、物事に対して上目線、感謝ができない、ような男性に会ってもこちらも「相手に楽しんでもらおう」っていう気になれない場合が多いからです。

パパ活での私たちの役割は、「楽しんでもらうこと」「満足してもらうこと」「癒してあげられること」なのに、そもそもその気力が湧かなかったら致命的ですw

 

待ち合わせの前に済ませておくこと

パパ選び

待ち合わせで失敗しないために重要なことが、パパの選択をなるべく間違えないようにする、という点です。

 

わたしがパパ達に聞いた統計で言うとお手当を当然だと思っているパパ達には似ている要素がありました。

それは

  • お水のお店で飲む経験が豊富(ホステスさんにアフターに来てもらったら、1万円タクシー代として渡すのが常識だと知っているなど)
  • 懐に余裕がある(年収が高め)
  • 年齢が高めでバブル時代を知っている
  • 何かもうやり取りの最中も自分本位じゃなくて、包容力が伝わってくる

こんな男性に出くわしたら、より丁寧に扱ってあげてください。

 

具体的に紹介します。

年収

独身なら600万円以上~

既婚者なら1500万円以上~

の年収の男性がパパ候補の最低ラインです。

仮に年収2000万円の男性がいたとして、税金を引かれて手元に残るのが100万円ちょっと、家賃や生活費、貯金、家族などに資金を回しても、娯楽に使えるお金が20~30万円くらいは残ります。

独身なら家族に資金がかからないので、細パパであれば年収600万円あればきつきつにはならないでなってもらえるでしょう。

お金の余裕は心の余裕にもなるので、豊かなパパとお付き合いすると、心も良い女に育ててもらえるオプションがついて来ますよ(*´ω`*)

 

人柄

人とのお付き合いにお金をケチらないとか、

自分が自分が、与えて与えてというタイプじゃなく、

相手を喜ばせる事ができると自分も嬉しい、と心の余裕がある男性が絶対おすすめです。

それは、現金だけじゃなく、連れてってくれるお店だったり、プレゼントだったり、知恵だったり様々な形で受け取らせてくれます。

 

連絡を取っていて、「居心地がいいな」「お手当なくても会いたいくらい親切」と感じる人は、会わせてもらってみる価値が高いです。

お手当の交渉

お相手側から「御顔合わせ1でどうですか?」「お食事2でお誘いさせてもらってもいいですか?」など、金額提示をされない場合、

こちらの選択肢としては、先に値段交渉をしておくのか、お手当は欲しいけど金額はあなたに任せると伝えるのか、約束なしに相手に委ねるのか、ということになります。

 

どのタイミングを選んで、金額はこちらの希望を伝えるのか?ってことです。

どの対応なら確実な約束になっていて、

どの対応されたら多めに払っちゃいそうですか?

 

※顔合わせの相場が1万円だとしたら

 

①「お手当1万円でお願いします」、と事前のやり取りで約束してから会う。

会う前のやり取りの段階で、「お手当1万円でお願いできますか?」など、こちらから要望するパターンです。

お手当1万円があることは確定されるけど、多めにもらえる可能性はとても低いです。

多くもらえなくていいから、確実にお手当ありがいい!という場合はこれです。

 

②「お手当は男性のお気持ちで受け取らせてもらうものなので、(金額は)○○さんにお任せしてもいいですか?」、とお手当の約束はするけど金額は会ってから相手に任せる。

失礼がなければ、1万円以上は渡してくれる方がほとんどです。ただ顔合わせは5000円と考えてる人もいるので少し賭けになります。仮に金額が1万円と①と同じでも、お金にがめつい感が出ないので、リピートしてくれる率が上がります。

お手当ありは確定していて、多くもらえるかもしれないし少ないかもしれない賭けだけど、リピートが欲しい!ならこれ!

 

 

③お手当のお話しは事前に出さず、顔合わせのときも別れ際まで待ってお手当について何も触れられなかったら、「もしまた会いたいと思ってくださったら、お手当(または1万円)を受け取らせてもらえると幸いです」と、次会いたいならお手当くださいね、と伝える。

こちらから言わなくても、パパの選び方がしっかりできていれば、食事中か食事後にスッとポチ袋に入ったお手当を渡してくれる男性が多いです。

そして自ら事前にお金の話しを出してこない健気さが、圧倒的にパパ達のウケがいいです。

 

→または、事前のやり取りで、「まだ会ってもないのにこちらから金額提示するのは失礼なので、会ってみてもしまた会いたいって思ったら、お気持ちとして心付けをくださると嬉しいです。」と伝える。

お手当もらえた方が嬉しいことは事前に伝えられるので、お手当の準備をしっかりしてきてくれる確率が上がります。

パパウケが良く、大抵の男性はお手当渡してくれますし、リピート重視な定期パパ欲しいならこれ!

 

良好な関係で継続してもらうには②か③がいいです。

わたしの場合は、会うか迷った相手なら②、会いたいと思った相手なら③です。

お金持ちは、まずお金の話しをする子、お金お金した子、に疲れているからです。

新規パパをずっと荒らしてると疲れてくるので、仲の良い定期パパを作ったほうが気が楽ですよ(*´ω`*)

 

P.S 粋な言い方

「お小遣い」「お手当」という言い方をすると、自分はお金払わないと相手にしてもらえない男って思えるから、いやだ・・って方もたまにいます。

相手から「お手当」という言い方をされたら合わせますが、出てない場合は状況に応じて「お気持ち」「心付け」「御車代」いう言い方をするといいです。

「お気持ち」「心付け」が現金のことだ、と伝わるようにお金に余裕がないことを前後のコミュニケーションで伝えたり、気づいてもらえる言い方をしましょう。

稀に「気持ち」として手土産を渡してくれる男性もいるので・・・・・

写真詐欺は危ない

あまりにも本人とかけ離れた写真を設定していると、男性側からしたら「騙された!」って感覚になります。

男性とお手当をもらう約束をしていたとして、その約束は「写真の子だった場合」の約束です。

写真より実物が良かったら機嫌よくなってもらえますが、あまりにも落差のある逆のパターンはおすすめできません。

 

聞くと、あまりにも写真と違うから会ってすぐ解散したけど一応1万円は渡したよ・・って紳士なパパも多いですが、2回目はないので気心知れた相手との楽しいパパ活はいつまで経っても難しいです。

バックレられない待ち合わせの仕方のコツ

「男性と待ち合わせして現地で待ってたら、待ってても来なくて連絡しようとしたらブロックされてた」

なんて話をたまに聞きます。

こんなのされたら、交通費も準備の時間もかけて来てるのにたまったもんじゃないし、礼儀がなさすぎますよね。

そもそもこういうことできるような男性にパパになって欲しくはないですが、予防策もあります。

 

  • 会う前のやり取りする時間を長めに取って関係を作っておく
  • 直接の連絡先を聞いて、電話しながら合流する

 

会う前に仲良くなっておけば、ばっくれられる確率も下がります。

マッチングして「明日会いましょう」とか話もろくにせず会ったり、

会うまでにやり取りせずに「マッチング時」「当日」に必要最低限な事務的なコミュニケーションしかとってない、など相手がこちらに何の思い入れもない状態で会うより、相手の事を少しでも知って関係性が進んだ状態で会った方がいいです。他人から知り合いになってるくらいのレベルでいいので(*´ω`*)

 

あとはLINEやカカオを交換しておいて「駅に付いたら電話しますね」、と言って通話しながら待ち合わせに向かうと、相手の位置を聞きながら合流できるので「相手より自分が先に相手を見つけている状態」にできます。

なので「冷やかし」目的の男性は無理ですが、

あちらがこちらを先に見つけてタイプじゃなかったら、お手当渡したくないしバックレる、というのを防ぐことができます。

 

交際クラブはお手当が確実にもらえる

お手当の心配も、バックレられる心配も一切ないのが交際クラブです。

お手当の義務化もクラブ側がやってくれてるので、こちらが交渉しなくても渡してくれます。

義務付けられてる金額は「5000~10000円」となっていて、だいたいの男性は10000円を渡してくれます。

良いパパに当たれば、お食事行ったら10万円渡してくれたなんてことはザラにある世界なので、一撃の大きい太パパを探すなら交際クラブは外せません。

待ち合わせのときはクラブ側から男性の電話番号が送られてきて、待ち合わせ場所に着いたらかけてください、と言われます。

ほとんどホテルのロビーやラウンジでの待ち合わせが多く、その後お食事をご一緒させてもらう流れです。

交際クラブで本当の紳士に会うと感動しますよ・・!一流ってこういう人たちを言うの?って新たな世界を見れます( ゚Д゚)

 

ただ、交際クラブは男性側からのオファーを待つスタイルになるので、規模が大きくオファーが来やすい【ユニバース倶楽部】を選ぶと稼ぎやすいです。

それと合わせてこの記事で紹介させてもらったテクニックを使いながら【シュガーダディ 】【ペイターズ 】でこちらからもアプローチできるパパ探しで効率化すると、早くパパが見つかります(*´ω`*)

 

ハナ
ハナ

交際クラブの極秘面接対策や
洗脳テクニックを使った貢がれ方など
知りたい方はココからメールで受け取ってください。
公では公表しにくい内容なので・・(; ・`д・´)

 

ハナ
ハナ

記事の中でわかりにくいところや、
どこどこでつっかえてて、

なかなか稼ぐまで進めないんじゃ~ってときには
LINEにて気軽に連絡ください(`・ω・´)ゞ
わたしの主観wになりますが、相談のらせてもらいます。

 

ハナ
ハナ

パパ活の洗脳テクニックをまとめたnoteを書きました。

悪用されたくない内容てんこ盛りなので、有料です。

すぐ取り戻せるので、パパ活1回すれば実質無料です。

 

本当に悪用なしで活用してくれる方にだけ届け(*´ω`*)

パパ活でむちゃくそ使える『パパを操る26の禁断の洗脳テクニック』

 

 

 

パパ活に必須なパパと出会う場所

パパ活するなら絶対に必要なのが、活動場所です。

わたしが実際にパパと出会えて使いやすかったところ2つと紹介します。

 

シュガーダディ

元祖パパ活サイトです。

男性の月額料が5000円かかるので、ツイッターや掲示板などで無料で女性を探している男性より遥かに質が良いです。

登録している女性の数も多いので、良いパパを捕まえられるように当サイトのテクニックに関する記事は目を通してくださいね。

 

無料登録⇒シュガーダディ

 

ユニバース倶楽部

男性は入会金など払える層しか登録していないので、サイトの男性とは格が違う紳士と出会えます。

とりわけ美人でもないわたしでも登録できたので、「交際クラブは自分には敷居が高い」なんて心配はいりません。

倶楽部のコンシェルジュさんがセッティングなどやってくれるので、手間暇がかからず楽ちんです。

支店がない地域でも対応してもらえるので、気軽にわたしにLINEください(*´ω`*)

無料登録⇒ユニバース倶楽部

 


コメント