パパ活で「どんな相手探してますか?」と聞かれたときの7つの答え方

パパ活

サイトでメッセージのやり取りをして、「どんな相手探してるの?」とか「条件は?」
って聞かれたときなんて返せばいいのかよくわからない。

もしかしたら、自分でお手当下げてるかもしれないNGな答え方を踏まえ、紹介します。

 

しっかりサポートしてくれるパパの目に留まる答え方を知れば、良いパパと出会える確率が上がります。

そして、結論を言えば「パパに合わせて答え方を変える」が一番なのです。
が!これから紹介するシンプルなテンプレートを覚えてもらえば大丈夫です!

 

わたしは、パパ活歴10年弱で、
現在は食事パパ活月収月1~週1活動で20万円以上は安定してるので、内容に対しての信頼性に繋がるんじゃないかと思います。

 

パパ活で「どんな相手探してるの?」と聞かれたときの答え方

パパ活サイトのシュガーダディ でもよく聞かれる「どんな人探してるの?」の質問。

何て答えたらいいの?

自分の希望を相手に共感してもらえるように伝える

自分の希望を正直に伝えることが大事ですが、押し付けがましくならないように伝える事がポイントです。

食事パパを探している場合、

  • お食事やデートを重ねながら信頼しあえる間柄になりたい
  • 次に会える日を「楽しみだな」って思い合えるような関係になれる方
  • 日常から離れてリラックスできるお付き合いがしたい
  • エスコートしてもらえるデートがしたい

のように、

「二人とも楽しめて、相手に共感してもらえること」を言います。

男性側が自分にメリットがないって思ったら、「パパになりたい」って思ってもらえないからです。

たとえば、「○○駅で会えて、お手当ありで会える男性を探してます」という感じだと、女性側のメリットしかありません。

 

男性側から見て、「パパになるメリット」がある言い方をしましょう。

※メリットはその男性によって違います。

  • 癒しを求めてる
  • 映画などデートできる相手が欲しい
  • 一人で行きにくい飲食店に一緒に行きたい

など、メッセージの中やプロフィールから予想して、答えるとなお良いです。

「映画に一緒に行けたらと思っています」とプロフィールに書いてる男性なら、

「仲良くなれたら、食事以外のデートも楽しめる相手を探してます。映画一緒に観て、感想言い合ったりできたら楽しそうだな~って思ってます。」などと返すと、ウケが良いです。

 

からだの関係含めて考えてる場合の答え方

お手当の単価を上げたいなら、「安売り」しているように捉えられないようにします。

人は、安く買えるものをわざわざ高値で買いたいとは思わないからです。

 

なので「どんなお相手探してますか?」との答えには、

  • 気が合ったら、その先まで進展できる方
  • 2回目か3回目から大人のデートも考えられる方
  • お顔合わせで2人の相性が良かったら、その後の展開に進めたらと思ってます

「誰でもOKするわけじゃない」ということを伝えましょう。

 

※女性からは体の関係は提案しない方が、お手当は高くもらえることが多いです。

男性側のプロフィールやメッセージに、「大人の関係を求めてる」と書かれていた場合にだけ答えるようにしましょう。

「どんな相手探してるの?」にこれはNG

初回のメッセージで条件(金額)の話しはするな。

 

「どんな人探してますか?」のメッセージに対して、一通目で「食事1~で会える方探してます」と送る女性がいます。

ですが、初回のメッセージでいきなり金額の話しを送ることは避けた方が良いです。

なぜかというと、「俺のお金よりも俺自身を見て欲しい」と思う男性が大半だからです。

しかもパパ活サイトですから、お金の話しに嫌気がさしてる場合もあります。

お金ありきな関係なのはわかってるけど、「お金貰えれば誰でもいい」って思ってる女性には会いたいと思わないものです。

 

たとえば、

「はじめまして。大人の関係で条件2.5で会える方探してます。大丈夫でしたらお願いします」

っていきなり男性からきたら、援交おじさんウザっ!てなりますよね。

 

なので、こちらも初回に金額の話しをするのは避けましょう。

金額の話しをするのは、会うことが決まったときで良いです。

「条件はありますか?」と聞かれたとき

これも結構頻繁に聞かれる質問です。

聞かれたときには時間をきっちり伝えないということを意識した方が良いです。

  • 30分5000円でお願いします
  • 2時間1.5でお願いしてます

という言い方をしてしまうと、「お店みたい」という印象を与えてしまいます。

キャバクラや風俗店のお店でなく、パパ活をしている男性というのは、「慣れてる女性」「プロの女性」が嫌だからしてるわけです。

なので、なるべくナチュラルに伝えるようにします。

 

  • 大体みなさん1のようなので、それでお願いしたいです
  • お顔合わせで1万円で気に入ってもらえて、その後食事ご一緒させてもらえることになったら1万円足してもらえたら嬉しいです
  • 心付け1と交通費お渡しして頂けたらと思っています
  • イメージと違っていなかったら1.5渡してもらえたら嬉しいです

 

というような言い方があります。

パパのお手当の渋りの原因というのは、女性の「写真詐欺」の不安からです。

なので、「写真のイメージと違ってなかったら1.5渡してもらえたら嬉しいです」という言い方をすると、パパ側のリスクをなくすことができるのでOKしてもらいやすいです。

 

顔合わせの金額は1~2で設定するのが平均的です。

地方だと平均5000円のところもあります。

 

もし拘束時間の心配がある場合は、条件が決まり日程が決まってから「当日は何時ごろまで大丈夫そうですか?」と相手に聞いてみると良いです。

「だいたい一時間くらいを考えています」など答えてくれるはずです。

会ってから伝える場合は、「この人長そう!」と感じたときに早めに伝えておきましょう。

「今日は○○時から予定を入れてしまってるのですが、大丈夫ですか?」と先手を打っておきます。

相手から条件を伝えてきたとき

会話を長々と続けるより、テキパキと進めたい男性や、気遣いができる男性は自らお手当の話しを振ってくれることが多いです。

「良ければお食事にお誘いしたいのですが、1でどうでしょうか?」

「お顔合わせ1時間程度で1、プラス交通費0.5を考えてるのですが条件は大丈夫そうですか?」

という感じです。

女性が一番気にしてるのはお手当のことだ、とわかっていて、男性側から話題に出してくれるのはありがたいですよね。

この場合の答え方は、

  • 自分が納得できる金額ならOKの件と感謝を伝える
  • 納得いかないなら交渉する

です。

「お顔合わせ1時間程度で1と、交通費0.5を考えてるのですが条件は大丈夫そうですか?」と聞かれ、

「大丈夫です」と当たり前そうに答えるより、

「大丈夫です。ありがとうございます。」と感謝を一言添えた方が印象が全然違います。

 

当日お手当アップしてくれるかもしれない確率を高めるためには、なるべく良い印象を与えることが大切です。

会った後の先々のことまで考えて、感謝を伝えましょう。

メッセージの段階で気に入ってもらえて信用してもらえてると、当日お手当アップがしてもらいやすいです。

 

からだの関係の場合

 

「大人の関係含め、5で考えてるのですがどうでしょうか?」というメッセージをもらった場合。

 

  • 誰とでもって感覚にはなれないので、お会いさせてもらって仲良くなってく過程も大切にしたいと思っています

という提案をしてOKをくれる男性の方がパパ活向きです。

パパ活は風俗店とは違うからです。

セックス目的の男性の思考は「セックスを得にできるか」という思考が働きます。

なので、満足いく金額を提示してくれにくいのですね。

 

「この子を大切にしたい」と思った先に体の関係を持ちたい男性というのは、その子のことを守りたいという気持ちを持ってくれるので、お手当も十分に渡してくれやすいのです。

 

男性は簡単に手に入るものを長く大切にはしてくれない傾向があります。

 

 

お手当の話しをしてきてくれないとき

「女性からお金の話しされるの嫌だ」と駄々をこねる男性が多いのに、自分からお手当の話しをしてきてくれない男性もいます。

会う約束したんだら、会う前にお手当の話ししておきたいんですけど~~!不安なんですけど~~!って思いますよね。

良いパパというのは、やっぱりこちらがお手当について不安って気づいてくれるので、自らしてきてくれるものです。

でも、してきてくれない男性の場合、どうしたら良いでしょうか?

 

  • どんな相手探して、登録されたのですか?
  • 過去にはどんなお付き合いをされてたんですか?

と聞き、お手当のお話しに自然にもっていきます。

前の方とはどんな感じで会われてたんですか?と聞いていくと、「食事デートで三時間3、ホテルのときは5、お泊りのときは8、あとは買い物とかプレゼントあげてた」というような話しをしてくれます。

その数字を伝えてくれるということは、最低でもそのくらいの額は渡すつもりでいますって意味で伝えてくれてるので、判断基準にできます。

 

それでも答えてくれないときは、「恐縮なのですが、お手当についてはどう考えてくださってますか?」と聞いてみましょう。

 

太いパパはお金の話しせずに会った方がGETできる、という話しはあります。

が、優しいパパならこちらの気持ちもくみ取ってくれるはずです。

自らお手当について触れてくれない時点で、こちらから聞くのは仕方ないことです。

 

でも、聞くときには、謙虚さと感謝は忘れないようにしましょう。

 

まとめ

ここまで書いてきたことにあわせて、

食事パパを探してるとしても、「絶対に食事しかできません」とは言わない方がいいです。

 

男性はロマンを求めているので、「好きになることはできない」(食事以上は無理)と断言されてしまうと、覚めてしまうことが多いです。

もし1%でも好意を持ってその先に進む可能性があるなら、「食事のみ」と言い切ることはしない方が良いです。

 

だからと言って、食事の先を匂わせて詐欺のような手口で顔合わせで荒稼ぎするのは、良くないです。

自分の希望と男性のメリットの共通点を探しながら、正直に関わっていくのがストレスが少なく、長く続くパパさんと出会える秘訣です。

 


コメント